福岡でアナウンサー・司会者・MCなどの養成講座や
社会人向け話し方教室・就職活動支援講座などを開設する福岡アナウンススクール。
こちらは福岡アナウンススクールから輩出した
合格者の体験をご紹介いたします。

2016年05月05日

【合格体験記】2016年入社/NHK福岡リポーター・宮脇美咲さん

私が就職試験のときに課題となったことが3つあります。

1つ目は、内気な性格で声が小さいことです。
当時の私は、挨拶の声も小さくクラスのみんなとの発声練習すらできませんでした。
ですが、あきこ先生の言葉で、
このままではアナウンサーになんてなれるわけがない!と気づきました。

それから「自分は芸人だ」と心の中で思いながら毎日を過ごすようにしました!
この方法はなかなか有効的でした!面接のときにもずっと唱えていました(笑)。
心の中で思うだけでも、少しですが、自分が明るい性格だと思えました。
それによって自信もついたし、いつのまにか発声練習で大きな声で早口言葉を言えていました!!
 
2つ目は、エントリーシートです。
この壁は非常に高かったです。
自分のどこをアピールしてよいのか、また、どのように書けば気持ちが伝わるのか
という点で非常に悩みました。

この悩みの解決策は、とにかく自分を知ることとエントリーシートを他人に見てもらうことです。
ぱっと見てすぐにわかるように書くのがエントリーシートの鉄則です。
そのためには自分のことをよく知り、
自分のどこを伝えればよいかよく考えることが大切だと思います。

また、一人で書いているとわからなくなることが出てきます。
そんなときは、私はいつもあきこ先生に見てもらっていました。
あきこ先生は何回見せに行っても、どんなにはちゃめちゃなことを書いていても、
いつも親身になって丁寧に添削をしてくださいます。
迷ったらまず、あきこ先生に相談することをお勧めします!!
 
3つ目は、端的に、しっかりと話すことです。
私はいつも、感情で突っ走ってまとまりがなく、
語尾が上がりしまりのない話し方になっていました。

授業のときにはよく先生方から、
「端的に!はきはきと!もう大人の女性なんだから!」と注意を受けていました。
これを直すには時間がかかり大変で、実は今でも改善中です(笑)
ですが、就職試験の面接ではやはり、話し方が大切になります。
そこで私は面接ではいつもより丁寧に焦らず話すことを心がけていました。
そして心の中で面接官のことを「私あなたが大好きです!」と思っていました(笑)
そうすると、自分が伝えたいことを把握しながら話すことができました。
それに、必死に伝えようとしていることも面接官の方にわかってもらえたと思います!!!

以上が私の課題とその対策方法です。
これはあくまで私の体験談なのでこうしたほうがいい!
ということはありません。
たとえ今は迷っていても、自分と向き合いながら一生懸命に就職活動をしていたら、
きっと自分に合った打開策が見つかるはずです。
スクールに通う皆さんには、支え合う仲間も、
どんな時も見守って指導してくださる先生方もいます。
そのことに感謝しながら、楽しんで就職活動をしてください。

遠くから応援しています!


posted by FAS事務局 at 23:01| 卒業生の合格体験記

九州(福岡・宮崎)でアナウンサー・司会者・レポーター・MCを目指すならアナウンサー養成&話し方教室【福岡アナウンススクール】へ。

福岡アナウンススクール
〒810-0062 福岡市中央区荒戸3-2-6 ビラスズキ5F
TEL/092-752-4352   FAX/092-752-4351