福岡でアナウンサー・司会者・MCなどの養成講座や
社会人向け話し方教室・就職活動支援講座などを開設する福岡アナウンススクール。
こちらは福岡アナウンススクールから輩出した
合格者の体験をご紹介いたします。

2014年01月31日

【合格体験記】2013年度 鹿児島読売テレビ契約アナウンサー 山崎香奈さん

大学4年生の3月4日に、内定を頂きました。正直、とってもギリギリです。

アナウンサー試験に終止符を打とうとしていたとき、
「最後にここだけ出してみない?」と明子先生から電話が来ました。

「分かりました!」と返事をして、
これでダメだったら本当に終わりにしようと思っていました。
電話を頂いたその日にエントリーシートを書き上げて送りました。

送り先は、ずっと夢だったアナウンサーとして働いている今の職場です。


あの時、明子先生から電話を頂かなかったら、
いま味わっている毎日の充実感がないのかと思うととても感慨深いです。


中学生のころから「アナウンサーになりたい」と思っていた私は、
大学1年生の夏からスクールに通い始めました。

早すぎるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、
私は人一倍何をするにも時間がかかる性格なのです。


大きな声を出すことも、原稿読みも、何もかもが難しい。

でも着実に夢に近づいている気がして、
スクールに通うことが一週間の一番の楽しみでした。

早くから通ったことで、先生方は私のクセや声質を覚えてくださり、
ちょっとした変化にもすぐに気付いてくれました。
そして、いい方へ向かうように手厚く指導して下さいました。

また早くから通ったことは、私に多くの仲間を与えてくれました。
同期はもちろん、先輩方からはアナウンサー試験の近況など、
生の情報を与えてもらい本勝負への心構えが出来ました。


とはいえ、私の就職活動は順調なものではありませんでした。
まずぶつかったのは、書類審査という壁です。これがなっかなか通過しません。

次は1次選考に通過しない…これまた難しいものです。
試験本番になってもスローペースなのは変わらなかったのですが、
一つずつ丁寧に受験しようという気持ちになりました。

1つ選考に通過するたびに明子先生にメールで報告をすると、
背中をググッと押してくれる温かい言葉が返ってきては、
その言葉に力を頂いていました。


今、仕事を初めて9カ月が経ちますが、
スクールで学んだことは現場で役立つことばかりです。私の自信になっています。

スクールへの入校を悩んでいる方、遅すぎることも早すぎることもありません。
いま、私が楽しい毎日を送れているのは、
福岡アナウンススクールという学び舎があったからだと、素直に思います。




posted by FAS事務局 at 21:01| 卒業生の合格体験記

九州(福岡・宮崎)でアナウンサー・司会者・レポーター・MCを目指すならアナウンサー養成&話し方教室【福岡アナウンススクール】へ。

福岡アナウンススクール
〒810-0074 福岡市中央区大手門3-9-1 リュクス大濠1F
TEL/092-752-4352   FAX/092-752-4351